ジャパンメディカルパートナーズが考える対策のポイント

陰圧装置について

平成22年度の診療報酬改定において陰圧室の環境整備を評価する「陰圧室加算」を新設することに、中央社会保険医療協議会が合意しました。
新型インフルエンザをはじめとする感染症の感染リスクに考慮した環境づくりは、ますます重要度を増しています。 ひとえに陰圧環境と言っても、感染症用隔離病室や緊急外来用テントなど用途によって陰圧室の使い方は異なります。
実際に使用する状況やリスクを踏まえ、各医療機関において最適な機器を選び、感染リスクを最小限に食い止めることが大切です。

※陰圧室管理の評価
新型インフルエンザ等、新興感染症が発生した際に対応するため、陰圧室管理の環境整備に対する評価を新設

二類感染症患者療養環境特別加算
1.個室加算 300点
2.陰圧室加算 200点(新設) 
個室加算と陰圧室加算は併算定可能
厚生労働省保健局保険課「平成22年度診療医療報酬改定の概要」より抜粋

参考サイト:平成22年度診療報酬改定の概要[医科診療報酬](厚生労働省保健局医療課)

1.簡易陰圧装置選択のポイント

換気基準を考慮した器材の選択

CDCガイドラインは、陰圧室と廊下との差圧は-2.5Paを、また空気で運ばれる伝染病菌を適切に抑制するには、1時間あたり6回~12回の換気回数を求めています。
室内容量と、装置の風量を考慮し、各医療機関において定めている換気基準に適合する器材を選択することが重要です。

感染リスクが少ない器材の選択

簡易陰圧装置には、HEPAフィルターのみ装備されている装置のほか、取り込んだ菌を除菌できる紫外線殺菌ランプ、酵素HEPAフィルターを備えている機種もあります。
フィルター交換時の二次感染リスクなどを考慮し、より感染リスクの低い器材を選ぶことが重要です。

2.導入時のポイント

設置場所の環境づくり

陰圧環境を作り出すためには、部屋自体を密閉に近い状態にしていなければならないため、空調設備の調整や通気口などを塞ぐ措置が必要な場合があります。室内トイレの換気扇等にも気を配る必要があります。

設置場所

ベッドなど感染患者の位置とエアフローを考慮し、医療従事者の感染リスクをより低くする設置場所の選択。

3.メンテナンスの徹底

一般的な機械類全般に言えるように、使用せずに長期間放置しておくことはよくありません。
陰圧室、簡易陰圧装置は感染拡大防止のための設備ですので、常時稼動させておくことが望ましいです。

部品は定期的に交換

フィルターなどの交換部品は定期的に取り替えて下さい。 常時使用しておくことで、交換の目安も明確になります。

【交換部品と交換周期例 (病院用空気清浄機ACE-5000/荏原実業)】

プレフィルター1 2ヶ月(1500時間) 1個
プレフィルター2 3ヶ月(2250時間) 1個
HEPAフィルター 2年(18000時間) 1個
紫外線ランプ 1年(9000時間) 3本

部品交換時の二次感染を避ける

除菌フィルター等の部品を交換する際には、防塵マスクや防塵ゴーグル、専用手袋を使用するなど二次感染のリスクマネジメントが求められます。 専門業者に依頼するなど、院内感染対策のルールに従って交換する必要があります。

問い合わせはコチラ
ページのトップへ