ジャパンメディカルパートナーズが考える対策のポイント

マスク(N95マスク・サージカルマスク)について

有事にウィルス等が蔓延している場所での業務に従事される方や、立ち入る可能性のある方にとっては、マスクや呼吸用保護具が最後の砦となるため、正しいマスクの選択や装着方法をあらかじめ訓練しておく必要があります。

参考サイト:新型インフルエンザ流行時の日常生活におけるマスク使用の考え方(厚生労働省)

1.選択のポイント(N95・サージカル)

N95マスクとサージカルマスクの比較

  サージカルマスク N95マスク(呼吸用保護具)
使用の意義 装着者により吐き出される大きな粒子(唾液や粘液等)が、患者や作業エリアに拡散することを防げます。 大気中のある種の粒子からの暴露を低減することです。
使用推奨状況 (国内発病者あり)一般的な呼吸症状を有する患者の診察、一般患者の問診
※インフルエンザシーズンには平時でも着用が推奨されています。
対面問診、通常の診察、搬送、侵襲的処置(体液飛散の可能性あり)
※気管内挿管、気道からの検体採取、気管内吸入等の経気道処置も含まれます。

(出典:国立感染症研究所感染症情報センター(鳥(H5N1)・新型インフルエンザ(フェーズ3~5)対策における患者との接触に関するPPE(個人防護具)についてVer.1.4 「適切なPPEの種類と考え方」

サージカルマスクの選択ポイント

高品質な製品の選択
FDA(米国食品衛生局)は、サージカルマスクの基準をBFE(Bacteria Filtering Efficiency)(細菌ろ過効率)95%以上の機能を有するものと規定しています。

国民生活センターがウィルス対策をうたったマスクの表示に関して「各マスクは高いウィルス捕集効率をうたいながらも、本当に表示どおりの性能が得られているのか疑問が持たれる」とレポートしている(2009年11月27日報道発表) ように、高いウィルスバリア性をうたいながら、実際には機能を果たさないものもあります。

BFE95%以上と表示されているマスクには、製品化されたマスクを検査しているもの、不織布(素材)を検査しているものがあります。
中には、検査に合格した素材が使われていない粗悪品もあり、実際に(財)日本化学繊維検査協会 生物試験センターに依頼しASTM(米国材料試験協会)F21001-07試験方法で検査した結果、BFE60%程度のものが見つかりました。

これらの粗悪品は、マスクの端をカットし、三層構造のうち中層を見比べてみると、質感、厚さが、良品とは明らかに異なります。あまりに低価格なものはもちろんですが、購入した製品は一度ご確認されることを推奨いたします。

マスク

N95マスク選択のポイント

密着性の確保
顔とマスクが適切のフィットしていないと顔と面体の間に隙間ができ、そこからウィルスが漏れこみます。ご自身の顔に合ったマスクを正しく装着することが重要です。
(下記、「5.フィットテストの重要性」 を参照)

厳格な基準クリアした高品質製品の選択
NIOSH(米国労働安全衛生研究所)規格であるN95合格品の防じんマスクを選択するなど、スタンダードプリコーションに従う必要があります。

参考:TN017r1 防じんマスク規格の国際比較

2.使用期限(N95・サージカル)

未開封で3年(開封後の保証はありません)が目安。
ゴムバンドやノーズクリップなどの性能劣化が考えられるので、使用前には確認が必要となります。

3.備蓄環境(N95・サージカル)

直射日光に当てるとマスクの品質は、徐々に劣化してしまいます。
高温多湿の環境なども避け、一般的な医療用具や絆創膏などと同じように、各医療施設の責任において定められた感染管理手順に従い、保管する必要があります。

4.装着方法(N95・サージカル)

高い感染予防効果が期待されるマスクですが、着用者の顔にしっかりとフィットしていなければ、何の役にも立たず効果は半減。また、マスクを外す際の取り扱いを誤れば、フィルターに捕集されたウィルスに指が接触してしまうなどのリスクを伴います。

N95マスクに関しては、スリーエム ヘルスケア株式会社が実施している装着訓練とフィットテストでは、「過去に着用したことがない」「指導してもらっていない」等の理由で、しめひも位置やノーズクリップの調整間違い、外す際にフィルターを触るなど、約8割もの方が正しい装脱着ができていません。 正しいマスクの着脱方法を周知徹底することが大切です。

参考:マスク装着方法による効果の低減率

サージカルマスク(スタンダード耳かけタイプ) 装着方法

サージカルマスク(スタンダード耳かけタイプ) 装着方法

外し方
1.マスク本体には触れないように注意
2. 人差し指のみで耳かけを左右同時にひっぱりはずす

5.フィットテストの重要性(N95)

OSHA(米国労働安全基準局)で義務づけ

米国ではOSHAが医療施設に対しすべての呼吸器防護器具を正しく使用するための呼吸器防護プログラムを備える事を義務づけています。このプログラムには文書化された手順、検診、トレーニング、フィットテストが含まれます。
また、米国規格協会(ANSI)では最低年1回のフィットテスト実施を勧告しています。

参考サイト:OSHA(米国労働安全基準局)

厚生労働省の指導

正しいサイズのマスクが選択されているか、装着方法に問題はないか、接顔部の漏れが最小であるかどうか、これらの確認と適切な装着方法の指導を実施するのがフィットテストです。
このフィットテストの重要性が、平成17年2月7日、厚生労働省労働基準局が発出した通達(基発)の「防じんマスクの選択、使用等について」で下記のように敷衍されています。

【防じんマスクの顔面への密着性の確認】
粒子捕集効率の高い防じんマスクであっても、着用者の顔面と防じんマスクの面体との密着が十分でなく漏れがあると、粉じんの吸入を防ぐ効果が低下するため、防じんマスクの面体は、着用者の顔面に合った形状及び寸法の接顔部を有するものを選択すること。

特に、ろ過材の粒子捕集効率が高くなるほど、粉じんの吸入を防ぐ効果を上げるためには、密着性を確保する必要があること。 そのため、以下の方法又はこれと同等以上の方法により、各着用者に顔面への密着性の良否を確認させること。

なお、大気中の粉じん、塩化ナトリウムエアロゾル、サッカリンエアロゾル等を用いて密着性の良否を確認する機器もあるので、これらを可能な限り利用し、良好な密着性を確保すること。

参考サイト:厚生労働省労働基準局基発第0207006号「防じんマスクの選択、使用等について」

問い合わせはコチラ
ページのトップへ